クラス会・・・その後

先日行われたクラス会の写真が昨日届いた。

ん~。まずい!・・というのは、私も写真を撮っていたから。
クラス会では一人ひとり近況報告があり、その時、一人ひとりの写真を撮っていた。
もちろん集合写真も・・・これは自分が撮ったのは上手くいったが、お店の人に頼んだものはちょっと暗くなってしまった。

ところがこのところのカワセミフィーバーでちょっと頭の隅に追いやられていた。

急いで、一人ひとりが写ってる写真をトリミングし、恩師を中心にレイアウトした。
レイアウトしていて、自分の写真がないことに気付いた。カメラマンは私だったから・・・
そして挨拶文を書き、昨日はそこまで。

今日は、フォト用紙に印刷し、ちょっと味気ないがワープロを使って挨拶文と宛名を印刷した。
封筒に入れ終わり、あとは明日投函するところまでこぎつけた。

仕事?ではないが、やはり優先してやらなければならないことは、気付いたときにやらなければ・・・と反省した。

明日からまた通常の・・・読書が出来そうだ。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-03-05 22:01 | その他色々 | Comments(2)

これは早く読みおえた・・

中谷彰宏著「オヤジにならない60のビジネスマナー」を読み終わった。
全195ページなのだが、結構隙間が多いので本当に早く読み終えた。

昨日も書いたが、読んでいて「ん~。オヤジになってしまった」と思うことが・・

第1章 オヤジにならないためのビジネスマナーの磨き方
第2章 オヤジにならないためのプライベートマナーの磨き方
第3章 オヤジにならないための本物の品性の磨き方
という章立てだ。
中でも気になったのは
・オヤジは自分の趣味にむりやり勧誘する
・オヤジは話を聞くとき、腕組みをしている
・オヤジはメニュー選びに時間がかかる割に、同じものしか頼まない
・オヤジは足首を太ももに乗せて足を組む
・オヤジは靴下が薄くなっている、下がっている
・オヤジはハンカチで手を拭きながらトイレから出てくる
・オヤジはお茶で口をゆすぐ
・オヤジは料理の取り分けをしない
・オヤジは人の話を聞かないで、自分の話に変えてしまう
・人から品性を取ったらオヤジになる

以上、オヤジ学・・・だが、10項目のうちいくつ当てはまるだろうか?
この本には60項目が書かれている。興味が湧いたら読んでみて欲しい。

ちょっと今は次の本を読む前にやることが出来てしまったので、お休みだ。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-03-04 22:46 | 読書 | Comments(0)

合間に読む本・・・

昨日も一昨日もカメラ片手だけではない。
夕方や夕食後はとりあえず本を読んでいる。

染谷和巳著「部下を育てる鬼上司」が土曜日に読み終わった。
大きな項目として次のものが挙げられている。
Ⅰ 社員の心をどう動かすか
Ⅱ 社員教育はどうあるべきか
Ⅲ 部下育成の要諦
Ⅳ 上司・社長の仕事
それらの中に19の心得が書かれている。

礼儀について最初にとても気になった。引用すると
「自由・平等・個人主義の民主的意識が子だけでなく親にも広がり、親が子に礼を強制しなくなった。子が生意気な口をきいても親はたしなめさえしない。その口の利き方を肯定してしまうのだ。・・・このようにして仕付けられない子、礼儀知らずの子が社会に出る。」
また、 ・精神を立て直す具体的な方法 という中に次のことが書かれていた

・自分の権利ばかり主張するな。露骨な自己中心は卑しい。
・責任転嫁、責任逃れをするな。深く責任を取れ、恥を知れ。
・会社の悪口を言うな。会社の欠点を庇い隠すのが会社の正義だ。
・「俺はこれだけやった」と吹聴するな。浅ましい。
・「疲れた」「つらい」と弱音を吐くな。我慢しろ。
・人をいたわり助けよ。惻隠の情なき者は犬畜生に劣る。
・注意、叱責は甘受せよ。上を恨んで反抗するのは醜い。
・出世栄達を望め。そのため仕事の苦労は自ら買って出よ。
・使われている意識を消し、会社を支えている一員の意識を持て。
・義務を守り責任を果たす人に自由がある。わがままを言うな。
等々。

ちょっと過激な表現などもあるが、読んでいてうなずくところが多かった。

今は 中谷彰宏著「オヤジにならない60のビジネスマナー」を読んでいる。
思い当たることが多く、「やはりもうオヤジなのか・・」と思ってしまう。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-03-03 22:39 | 読書 | Comments(0)

休日のブログはどうしてもこれに・・・

今日も、カメラ片手に散歩を・・それも4時間くらい歩いたか・・。
正確に言うと歩いてばかりではなく、殆ど止まってカメラのファインダーを覗いてた。

先ずは植物の写真から・・。昨日もアップしたが、梅の写真。
c0143411_23201548.jpg

そしてこれはスイセン。実は先日も撮ったのだがピントが甘かったので・・・。
c0143411_23203048.jpg

名前は分からないけど冬芽。
c0143411_23204525.jpg

ふきのとうを栽培している所で・・・。これはもう遅いそうだ。
c0143411_2321197.jpg


さて、これからはカワセミ一色。もう見飽きた人も多い?
今日は4時間もかけた訳がこの辺りに見えてくると思う。
木に留まっているのではこの2枚が良かった。
c0143411_23305369.jpg

c0143411_23311786.jpg

そして餌をとった直後がこれ。ちょっとピンぼけだが・・
c0143411_23313685.jpg

もう一枚。これはちょっと遠かった。
c0143411_23314788.jpg

水から上がった直後の写真がこれだ。
c0143411_23321165.jpg

c0143411_23323054.jpg

最後に、雄と雌が接近した写真。雄が鳴いた瞬間。手前の枝がちょっとじゃまをしている。
c0143411_23325194.jpg

これだけ撮るのに4時間・・ではなく、今日はいつも行かない所まで足を延ばした。
残念だがその先でカワセミを見ることは出来なかった。

1日で170枚。連写をするのですぐ枚数は増える。
でも、まだ私のカメラは毎秒2.5枚と遅いので大したことはない。
一緒に撮影している人と話をしたが、カメラが20万、レンズも20万・・・。すごい。
とてもではないがかなわない。だって、カメラはレンズ込みで8万、使ってるレンズは8千円だ。
そのため、かなり無理をした取り方をしている。ISO感度は1600まで上げ、少し絞って被写体深度を深くしながらシャッタースピードを上げた。それでも、ピントが甘かったりブレが出たりしている。

しかし、趣味として楽しむにはちょうど良いのかもしれない。

散歩をしていて釣りをしている人と話す機会があった。その人は、最近の大人があまりにも常識に欠けている事を嘆いていた。
子供が問題なのではなく大人が問題だという。
自然を維持することの大変さが、このあたりからも伺える。

これから、春先にもっともっと自然を撮ろうと思う。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-03-02 23:48 | 写真 | Comments(2)

カメラを片手に・・

今日も・・・というより今日はちょっと積極的にカメラを持って外に出た。
今週月曜日に購入したレンズを持って・・・

先ずは標準レンズを使って・・・。
c0143411_22191596.jpg
c0143411_22192498.jpg
c0143411_22193467.jpg

このあとは、新しいレンズを使ったもの。これでもISOを800まで上げた。
c0143411_22195427.jpg
c0143411_2220917.jpg
c0143411_22202045.jpg

とても珍しいのがこの一枚。
雄と雌がこんなに近くに・・カワセミにも春が近いようだ。
奥側の雌はちょうど着いたところ。
c0143411_22203715.jpg

最後の一枚は飛び立ったところ。背中の青(水色)が綺麗だった。
c0143411_22205016.jpg

魚を捕ってくわえている写真なども撮れた。
c0143411_22334769.jpg

全体的にやはりピントが甘い。もう少しピントが合えばよいのだが・・。
何しろ絞りは開放状態なので被写体深度が浅くて、ちょっとピントがずれただけでまともに写らない。
それと、CCDにゴミがついていたので写真にちょっとしたシミがついてしまった。
帰ってモニタで見て気付いたので時既に遅し。
今日は風が強くそんな中、レンズの交換をしたのがいけなかったのか?
いや、最初からついていたので・・・。
帰ってから掃除をしたので明日は大丈夫だと思う。

これらの写真を撮っていて同じように活動している人とお友達になった。
色々情報交換をしながらカメラを構えていた。

花粉と強風と埃との戦いだった。
また、意外と風が冷たく、手袋が必要だった。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-03-01 22:34 | 写真 | Comments(0)

久しぶりに本について・・・

このところ写真が中心のブログになってしまったが、読書も忘れたわけではない。
ちょっとペースが落ちているのは間違いないのだが・・・。

児玉光雄著「リストラされるデジタル脳、最後に生き残るアナログ脳」を今週の半ばに読み終えた。
前半はデジタル脳と定義された論理的思考に対する批判が強かったが、後半は「右脳」をもっと使え!というメッセージが見えてきた。
後半には7カ所に付箋がついた。
章立てを紹介する。
第1章 IT革命がアナログ脳を破壊する
第2章 アナログ脳があなたの人生に奇跡を起こす
第3章 一つの才能を掘り下げてアナログ脳人間になる
第4章 イメージトレーニングがアナログ脳人間を天才に変える
第5章 アナログ脳人間がひらめきの達人となれる
第6章 簡単アナログ脳トレーニングにチャレンジしよう
であった。
第4章からは読んでいてすんなりと入ってきた。

買い貯めていた本もあと一冊。
染谷和巳著「部下を育てる鬼上司」という本を読んでいる。
既に半分を読んだが、結構おもしろさを感じた。
新入社員に「礼」を教えることなど・・。なかなか一般には受け入れられにくいと思われる内容だが・・。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-29 22:56 | 読書 | Comments(0)

今日もまた夕日を撮ってしまった

昨日に引き続き・・・富士山の夕日を撮ってしまった。
ちょっとありきたりの富士山だが・・・何となく・・雲と夕日の色が気に入った。
c0143411_22453457.jpg
同じ時間に撮ってもワイドに撮るかズームアップするかでこれだけ見た感じに差が出る。
今日もこれらを撮るのに12枚撮影した。
一眼デジカメのメリットを生かし、同じフレームに対してもシャッタースピードを3段階は切り替えてみている。
c0143411_22445598.jpg
c0143411_2245573.jpg

あまりゆっくりさせるとせっかくの夕日の色が消えてしまうこともある。
二度と無いシャッターチャンスを撮り直すことは出来ないし、絞りとシャッタースピードの関係にそれほど詳しくない者の精一杯のあがきというところか。

もう一つはちょっと珍しい写真。雲に雲の影が映っているというもの。
c0143411_2245578.jpg
ご覧になって気付かれますか?
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-28 22:48 | 写真 | Comments(0)

昨日と今日の写真を・・

ちょっと日にちがずれてしまったが、昨日と今日の写真をUP。

先ず昨日はちょっと不思議な光景。
手前の山には雲の影響で太陽の光が当たっていない。ところが、その奥の山にはしっかりとお日様の光が当たり、雪が白く輝いている。
写真の左上には黒い雲も・・・。
光と雲で作られた私にとっては「不思議」な光景だ。
c0143411_22435864.jpg

また、今日の夕日を撮ってみた。
今日は午後3時頃に突然のにわか雪。その後の西の空の様子だ。
自分のいる上空は雲が取れ綺麗にはれているが富士山は雲に隠れて見えない。
夕焼けがわずかに残った雲に遮られて作り出した光景だ。
c0143411_22442268.jpg

前は綺麗に見える富士山とかを撮っていたが、最近ちょっと趣向が変わったというか・・
毎日見ていて二度と無い光景という意味で雲が作る夕焼けの模様に心が惹かれる。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-27 22:44 | 写真 | Comments(2)

CPU交換に挑戦・・

今日は夕方からの悪天候が予測されたため、定時で帰宅。

時間を活用し先日購入したAthlonXP2500+を試した。

結果からいうと、上手くいかない。
もともとFSB333用のCPUなのに、使っているマザーボードは266。
とりあえずクロックアップだけ試してみたが、不安定な動きがみえたら、元に戻そうと思う。

対応マザーを買うなら、新しいCPU(Athlon64など)を考えた方が良さそうだ。

とりあえずセカンドマシンのCPUなのでしばらくそのまま。
ちょっと昔のCPUの話だった・・。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-26 23:39 | パソコン | Comments(0)

山&レンズ・・・

今日は天気も良くちょっと風があったが、そのおかげで空気が綺麗で、富士山や丹沢がとても綺麗だった。
こんな日はカメラを手にしてしまう。
c0143411_21592640.jpg
c0143411_21595365.jpg

2月13日の大山の雪とあまり変わっていない。

そして昨日書き込んだように・・とうとうもう少し良いレンズをと・・・手が出てしまった。
Nikon AF Nikkor70-300mm/f1:4~5.6 8000円だった。
SIGMA 100-300mm/f1:4.5~6.7 3000円に比べるときっと明るいはず。
ただし、オートフォーカスは効かない。
やせ我慢ではないが、マニュアルフォーカスが好きなので全くかまわない。

レンズを比較してみると次のようになる。左がNikon。大きさも長さも一回り大きい。
c0143411_220599.jpg
c0143411_221989.jpg
c0143411_2212118.jpg

これからまた散歩が楽しみになりそうだ。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-25 22:16 | 写真 | Comments(0)

強風にめげず

この強風にめげず、午後になってからカメラを持って散歩。

実はその前にHARDOFFに行った。
中古パソコンなどを身ながら・・・・目に留まったのが・・・・2脚。
本当は1脚の方が良かったのだが・・。
それと雲台。このセットでちょっと外で写真を構えるのが楽になりそう。

ということで、それをセットしていつものコースを。
桜の冬芽はあまり成長していなかった。先日の暖かさが影響しているかと思ったが・・・。

歩いていつものポイントに行ってもカワセミには会うことが出来ず。
ところが、もう少し先に進むと・・期待どおりカワセミに会うことが出来た。
今日は後ろ姿を・・。背中のブルーが何とも綺麗だ。
c0143411_20412978.jpg

でも今日は時間が遅くなったので全体的に逆光、従って色が出ない。
キセキレイにも会えたが露出も誤り、黄色が白っぽく写ってしまった。
c0143411_20414669.jpg

その後もカワセミに出会い・・餌をとるところが・・でもちょっと遠くて見づらいし、ピントも甘い。
c0143411_20435890.jpg
c0143411_2044893.jpg

最後に寒い中じっとしているカワセミを撮って今日は終了。
c0143411_20442273.jpg

北風がものすごく冷たく感じた。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-24 20:45 | 写真 | Comments(5)

春一番&クラス会

今日の風はすごかった。
午後1時頃愛機Rebelで出かけたのだが、強風による砂埃で目を開けるのがやっと。
場所によっては砂煙で視界が悪くなっていた。

春を告げる風とは・・嬉しいはずなのだが・・人間がわがままなのか・・素直に喜べなかった。

なんにでも共通することだと思うが、程度・バランスがすごく重要なことだと教えてくれた風だった。

こんな風だったのでカメラを持って川淵に行っても鳥にはあまり巡り会えなかった。
セキレイと思われる鳥を見つけたがカメラを構えている私が風にあおられ、まともに写真を撮ることが出来なかった。


今日、中学校のクラス会があった。クラス会は十数年ぶり。
でも、中には卒業してから初めてという人もいた。
担任の先生も健在。
18名が集まり近況を話し合い、楽しいひとときを過ごすことができた。

私は、若干風邪気味で、2次会は失礼したが、今ごろまだまだ盛り上がっていると思う。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-23 23:07 | その他色々 | Comments(0)

暖かくなってきた

今日は朝の冷え込みも弱く、結構らくだった。
でも、その分いつもより家を出るのが遅くなったり・・
暖かくなると気がゆるむのかもしれない・・・注意しなければ。

帰りは8時過ぎだったのに本当に暖か!
防寒着はしっかり着たがブーツカバーは不要だった。

で、愛機Rebelはというと・・・。
バッテリーが完全に弱っている。朝の押しがけはともかく、帰りも押しがけしないと・・・
今までは帰りはセルが回って一発だったのに・・・・。

明日はバッテリー液を確認して・・その様子で購入を考えよう。

燃費は良いけど維持費がかかる・・・。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-22 23:02 | バイク | Comments(0)

久しぶりに写真

今日は久しぶりにカメラを持った。

帰りに見た夕日がちょっといつもと違う・・。
同じ夕日など2つと無いのは分かっているが、雲一つ無い夕日ではなくちょっと惹かれた夕日だった。
c0143411_2324340.jpg

先日、ちょっとしたミーティングでデジタル一眼が話題になった。
つい得意になって絞りだのシャッタースピードだの被写体深度だの・・・時間を忘れて話してしまった。
デジタル一眼のメリットを延々語ってしまった。

フィルム一眼レフカメラを持っていても、そのレンズがデジタル一眼で使えるということがあまり知られていない。
もちろんすべてのレンズが対応するわけではないが、メーカーが合いマウントが同じなら(殆どの場合)使うことが出来る。
ただ、AF(オートフォーカス)が使えないというのは可能性が大だ。
現に私の100-300mmのズームレンズはAFが使えない。

私のようにAFではなくMF派という人には全く問題ない。
かえって自分の好きなところにピントを合わせることが出来る。(と自分に言い聞かせている)
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-21 23:28 | 写真 | Comments(0)

ようやく読み終わった・・

竹島愼一郎著「奇跡のメモ術」が読み終わった。

簡単に章立てを紹介。
Part1 メモの基本テクニックを身につける
Part2 メモツールを120%使いこなす
Part3 ビジネスにすぐ役立つメモ術
Part4 ワンランクアップの生活メモ術
Part5 アイディアを形にする知的メモ術

この本を読んでいて付箋をつけるページはなかった。
でも、本の中で、読書メモ術というのがあり、付箋を本に挟むというのが紹介されていた。
ん~。既に私はやっていた。
ということは、やはり読む時期が遅かったということか。若い頃に読んでおけば・・・。

今は、児玉光雄著「リストラされる『デジタル脳』最後に生き残る『アナログ脳』」を読んでいる。
まだ60ページちょっとだが読んでいて何となくしっくり来ない。

自分がデジタル脳だからなのかも・・。
それを否定されることに抵抗を感じているのか・・・。

極論が多すぎるし、決めつけているって感じだ。
ネットでこの本の評価を探したら、「デジタル脳とアナログ脳という2つに分けていることがデジタル的な発想で、そういう発想を持つ人が・・・。」と書かれていた。

何しろデジタルが嫌い?デジタルは悪!、論理的な考えはダメ! という主張を今まで読んでいて感じた。
[PR]

  # by rebelrider5732 | 2008-02-20 23:17 | 読書 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE