コンデンサ交換・・・

HUBのコンデンサ交換をした。これが結構大変で、スルーホール基板で厚さも結構ありなかなか半田が溶けない。溶けても次に部品を取り付ける穴ができないのでなかなかうまくできない。交換し終わってテストしてみるといくつかのポートが使えないという場合もある。何とか16ポート全て使えるようにしたいが、ロジックまで壊れているとどうにもならない。何とか修理できるのは電源部くらい。
途中キーボ-ド交換にも行ってきた。この前のドリルのおかげで早く作業ができ、本当に助かる。安い買い物で楽ができて満足だ。
プロジェクタの修理もした。RCAコネクタ部分がなかなか外れず、外れた後も穴ができなかったので昨日は諦め今日はんだ吸い取り器を持っていって何とかできた。綺麗に戻してテストも完了。メーカーの修理でいくら取られるか???部品代だけだと100円しない。送料がかかってしまうが1000円以内で修理完了だ。
明日もHUBの修理と打ち合わせがあるので、休養日を振り替えて明日は出勤。
気温はそんなに下がらず結構暖かだった。明日からまた寒波という予報。心して出勤。

[PR]

  by rebelrider5732 | 2018-02-20 23:03 | パソコン | Comments(2)

Commented by 加藤 at 2018-02-22 08:22 x
両面基板のパーツ交換は大変ですね。
パンクしている電解コンデンサならパーツを切り取ってしまい、足だけにしてしまい、片側を暖めて反対側から吸い取ると楽に取れます。パンクしていないと電解液がちょっと心配ですが、心配するほど飛び散らないのでバッサリ切り取って足だけにしてしまいましょう。
古く少ない半田だと上手く取れない時があるので、新たに半田を流し込んでから吸い取るのもお勧めです。たまに自爆しますが。。。
「スッポン」だと半田が綺麗に取れる前にパターンが剥がれてしまうことが多くありますね。電動が欲しくなりますよ!
Commented by rebelrider5732 at 2018-02-22 23:20
コメントありがとうございます。経験が物語っていますね。確かに切ってしまうというのは良い方法ですね。今回は取り外したコンデンサの容量の確認もしてみたかったのですが、これからはこの方法でもっと簡単に交換しようと思います。LCRメーターは確かめるのには結構便利です。

<< 出勤・・・ 現場へ出動・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE