久しぶりに本について・・・

このところ写真が中心のブログになってしまったが、読書も忘れたわけではない。
ちょっとペースが落ちているのは間違いないのだが・・・。

児玉光雄著「リストラされるデジタル脳、最後に生き残るアナログ脳」を今週の半ばに読み終えた。
前半はデジタル脳と定義された論理的思考に対する批判が強かったが、後半は「右脳」をもっと使え!というメッセージが見えてきた。
後半には7カ所に付箋がついた。
章立てを紹介する。
第1章 IT革命がアナログ脳を破壊する
第2章 アナログ脳があなたの人生に奇跡を起こす
第3章 一つの才能を掘り下げてアナログ脳人間になる
第4章 イメージトレーニングがアナログ脳人間を天才に変える
第5章 アナログ脳人間がひらめきの達人となれる
第6章 簡単アナログ脳トレーニングにチャレンジしよう
であった。
第4章からは読んでいてすんなりと入ってきた。

買い貯めていた本もあと一冊。
染谷和巳著「部下を育てる鬼上司」という本を読んでいる。
既に半分を読んだが、結構おもしろさを感じた。
新入社員に「礼」を教えることなど・・。なかなか一般には受け入れられにくいと思われる内容だが・・。
[PR]

  by rebelrider5732 | 2008-02-29 22:56 | 読書 | Comments(0)

<< カメラを片手に・・ 今日もまた夕日を撮ってしまった >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE