2018年 01月 04日 ( 1 )

 

ジャンクヤードへ・・・

仕事始め・・・。普通ならのんびりするところだが何とパソコン修理のため出動。
パソコンの電源を入れた後Windowsのロゴが出た後から真っ暗になるという。システムエラーかと思いリカバリをすれば治ることを期待した。ところが行ってみるとシステムはしっかり起動していそうだし、スタートのサウンドも流れた。もしやと思いマルチディスプレイに切り替えるまじないをすると・・・ちゃんと表示された。ここで疑ったのがディスプレイドライバ、そしてBIOS。しかしどちらを見ても正常。最終的にリカバリをしたが結局は同じ症状が出た。もっとびっくりしたのがデスクトップが表示された状態で(バッテリーは満充電)アダプタを抜くとデスクトップが表示されなくなる。結局わからずじまいで代替機があくのを待って修理、それまではデスクトップを表示させるおまじないで何とか使ってもらうことにした。
もう一か所はLANに繋がらないという。サーバに接続できないと仕事にならないので最初行った所から直行。16ポートのハブの基幹への接続のポートを変えたら何とか繋がった。結局、現場にあった8ポートのハブに交換して作業終了。
仕事が終わってからジャンクヤードに行ってきた。スポット溶接の装置に使うソレノイドリレーを探しに行ったが、新品が1000円、ジャンクをあさっていたら何とか一つ発見したがこれが錆だらけ、掘り出し物になるのか探している最中にグリップヒーターのコントローラを見つけた。お店の人に交渉したら何と3つで1080円にしてくれた。要するに錆びたリレーもコントローラーも最初は100円の値を付けていたが、サービスしてくれた。
c0143411_22071555.jpg
これが本命のソレノイドリレー 1000円(新品未使用だがどこの何というバイクの物か不明)
c0143411_22071568.jpg
これが錆錆のソレノイドリレー これでも最初は100円
c0143411_22071557.jpg
これがグリップヒーターのコントローラー。 これも100円の値がつけられた。
本命のリレーはもちろん完全動作品。さてサビサビのソレノイドリレーは・・・。電源をどこに充てるかを最初確認し12Vを給電したら、「カチン」と大きな音を立てたので「お~」と一安心。次に接点を磨いてテスターを当てたら・・・。導通が無い。ネットで調べ良く見たらテスターを当てた場所がソレノイドリレーの端子の上に乗っていた別の端子だった。どうも色が違うので変だと思った。銅でできた所にテスターを当てたら導通が確認できた。これで、このパーツも生きていることが判明。
さて最後のグリップヒーターのコントローラーは・・・。中をあけてみたらかなり水が入っていて基盤も腐食していた。水分を取り除き、3本の線の関係を確認した。赤、緑、白だったので想像もしたがその通り、赤が+、緑がー、白がコントロール出力だった。12Vを給電したらLEDが高速に点滅した。スイッチをいくら押しても変化なし・・・。「やはりだめか」と諦め半分でネットで調べてみたら、電源電圧が低くなると勝手にヒーターへの給電をやめ、LEDが点滅すると書いてあった。そこで電源を確認したら11.6Vしかなかった。うっかりしたというかそんな機能があるのを知らなかった。12.8Vまで電圧を上げ再度給電したら、ばっちりと動いた。このコントローラーでLEDは3つしかないが5段階の調整ができるという優れもの。最後に白い線の使い方を確認した。最初はここに12V が出てくるものと思っていたのだが全く動作しない。ちなみに電球を負荷にしてみた。そこで電球のコールド側をここに繋いだところ、うまく光った。もちろんスイッチを押すとだんだん暗くなっていく。これでばっちり使えることが判明した。一昔前のHONDAの物だが100円ではとても買えないとてもお買い得なものを手にすることができた。

今日はこんなことにウキウキしながら取り組んだ。
次の作業は一瞬だけリレーを動作させる回路を作ろうと思う。もちろんこれはスポット溶接用。いくらスイッチを長く押しても一瞬で切れるようにしないと・・・、部品の保護のための回路。
それと、職場で壊れたテレビの修理も出来そうなら・・・。また明日。

今日も快晴。富士山の雪が少し少ないように感じた。確かに最近雨が降っていない。





[PR]

  by rebelrider5732 | 2018-01-04 22:50 | バイク | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE